【ネタバレあり】「GODZILLA 星を喰う者」鑑賞。アニメ版ゴジラについて良かった点・不満点、今後の怪獣映画の展開について

ゴジラ部部長です。

11月9日公開アニメ映画「GODZILLA」三部作の最終章「GODZILLA 星を喰う者」を鑑賞してきました。

国内初のアニメによるゴジラ映画ということで期待や不安もありましたが、3部作完結したということでアニメ版ゴジラに対しての良かった点不満に感じた点をまとめました。

※アニメ版だけでなく小説版やゴジラ映画に対するネタバレが含まれておりますので閲覧する際はご注意お願いします。

アニメ版ゴジラの良かった点

辛口な批評が多いアニメ版ゴジラですが、良かったと感じた点もありました。いくつか紹介します。

ゴジラを徹底的に人類の敵として描いたところ

アニメ版ゴジラではゴジラはとにかく人類やその文明を破壊するだけの存在となっており、どのような手を尽くしても人類は勝利することができません。
特に第一作の「怪獣惑星」ではこれまでにない巨大なゴジラが出現し人類を絶望へと叩き込みました。

小説版で大量に登場した怪獣たちの活躍

映画の前日談である小説には多数の怪獣が登場し見応えがあるものとなっています。

特にガイガンの活躍がお気に入りで、ガイガンに泣かされる日が来るとは…!
他に多くの怪獣が登場するので、是非小説の方も確認してみて下さい。

迫力ある戦闘シーン

実写では表現が難しい戦闘シーンが多数存在しており、迫力満点です。
またメカゴジラキングギドラがこれまでとは違う姿で登場したところも驚きがあり良かったです。

主題歌が良かった


この主題歌はカッコよくて良かったです。
予告編だと良く観えるんですよね。

アニメ版ゴジラの不満に感じた点

不満に感じることも多かったアニメ版ゴジラです。不満点をいくつかあげていきます。

3部作は長すぎ

じっくりと物語をみせたい為の3部作だったと思うのですがさすがに3部作は長すぎるように感じました。
せめて前後編でも良かったのでは…。

3作品ともゴジラの登場が遅すぎる&短すぎる

せっかく(?)アニメとなったゴジラなのに本格的な登場が毎回遅すぎで、しかも映画の内容が半分以上進んでしまってからなので短すぎる印象を受けました。

登場シーンが短いにしても、もう少し要所要所で登場してほしかったです。

小説版で描かれていた怪獣たちが映画ではほとんど登場しないところ

小説ではあれほど登場していた怪獣たちが映画では全くと言っていいほど登場してくれません。
2万年後の地球で進化した他の怪獣もみたかったです。

メカゴジラが映画ではあのような形となってしまった点

メカゴジラが増殖していく都市として登場したのは面白いアイデアだったのですが、メカゴジラ自体のフォルムも観たかったです。他の怪獣が登場しないことといい、何か制約みたいなものがあったのでしょうか。

観ている際にノイズとなってしまうツッコミどころ

論理的な宇宙人のはずなのに感情的だったり、主人公ハルオの行動が矛盾していたりと、設定と行いに一貫性がなく、観ていて分かりにくい事が多かったです。

今後ゴジラ映画はどうなっていくのか

アニメ版ゴジラが終了したことにより国内制作のゴジラ映画は現在なくなることとなりました。

2019年にはハリウッド版ゴジラの続編が公開され、その後にはゴジラ対キングコングの公開が決定していますが今後ゴジラ映画はどのように展開されるか予想してみました。

①シン・ゴジラの続編制作?

2016年に公開された「シン・ゴジラ」の続編制作も噂されたこともありましたが、こちらは可能性として低いと考えられます。

理由は総監督である庵野秀明氏がエヴァンゲリオンの新作制作をしていること、スタジオカラーが続編についてハッキリと否定していることです。

確かにあれだけヒットした「シン・ゴジラ」なら続編を考えることもありそうですが、今のところその予定はなさそうです。

②樋口真嗣氏によるゴジラ映画制作

「進撃の巨人」「シン・ゴジラ」の監督で知られる樋口真嗣氏によるゴジラ映画制作の可能性は考えられます。

樋口真嗣氏と言えば平成ガメラの特技監督としても有名で日本で屈指のゴジラファンとしても知られています。

「シン・ゴジラ」の成功によって樋口真嗣氏による新作ゴジラ映画制作は可能性として大いにあります。

③新しいゴジラシリーズ制作

「シン・ゴジラ」はシリーズ化する可能性は低いですが、大ヒットした影響によって改めてゴジラシリーズが復活する可能性もあります。

VSシリーズのように常に続編という形で制作するのか、ミレニアムシリーズのように毎回世界観を変えて制作するかは分かりませんが、以前のように毎年のように国内制作のゴジラ映画が観れたらファンとしてはとても嬉しいですね。

④しばらくは国内制作のゴジラは観られない?

ハリウッド版ゴジラが2本制作されている為に、しばらくは国内制作のゴジラ映画が作られない可能性も考えられます。

⑤アニメ版ゴジラの続編は?

アニメ版ゴジラでは、ゴジラは倒されることはなかったので、もしかしたらネット配信などで続編が作られることは考えられます。

⑥怪獣映画ブームがやってくるかも?

以前では「当たらない」と言われてきた怪獣映画ですが近年では多数の作品が公開されています。

国内では「シン・ゴジラ」、世界的には「パシフィック・リム」、「ハリウッド版ゴジラ」などの成功によって今後益々制作本数が増えてくる可能性も考えられます!怪獣ファンにとっては最高の時代がやってくるかもしれません。

 


2作品が公開された「パシフィック・リム」

 

 

巨大な獣たちが多暴れした「ランペイジ 巨獣大乱闘」

 

 

キングコングがゴジラの世界観に登場!「キングコング 髑髏島の巨神」

 

ネット上でも怪獣動画が公開されています。

突如公開されたウルトラマンの動画

 

 

新作ガメラを期待させるPV映像

今後も続々こういった作品が公開・発表されるかもしれません。今からとても楽しみですね。

まとめ

今回はアニメ版ゴジラの良かった点悪かった点と今後の怪獣映画の展開についてお話しました。

アニメ版ゴジラの評価が低いことをみると以前に公開されたハリウッド版ゴジラを思い出します。

こちらのゴジラも「こんなのゴジラじゃない」と世界中のファンが激怒した作品でしたが、今ではパニック映画としてはある程度の評価を得ています。

今回の作品も「ゴジラである必要はなかった」と感じました。
ただしアニメ作品としては今後評価が高まっていくかもしれません。

アニメ版ゴジラは正直あまりのれませんでしたが、貴重なアニメでのゴジラ映画が観れる機会ですので、ゴジラファンだけでなく興味を持たれた方は是非劇場へと足を運んでみてはいかがでしょうか?