【ビオランテとは】~ゴジラの分身である植物怪獣驚きの正体とは!?~

ゴジラ部部長です。
 
今回紹介する怪獣は「バイオ怪獣ビオランテ」です。
 
G細胞(ゴジラ細胞)とバラと人間の遺伝子を組み込まれた植物怪獣です。
 
それではビオランテの紹介をしていきます。
 

 

データ

 
別名 バイオ怪獣 ゴジラの分身 
 

花獣形態

 
身長 85m
 
体重 6万トン~10万トン
 

植獣形態

 
身長 120m
 
体重 20万トン
 

登場作品

 

ゴジラVSビオランテ

 
G細胞の研究を行っていた白神は、テロによる事故によって愛娘である英理加を失ってしまう。
英理加の細胞を生き永らえさせるためにバラの花に彼女の細胞を融合させたが、地震によってバラは瀕死状態となってしまう。
 
娘の死を怖れた白神は抗核エネルギーバクテリアの製作条件としてG細胞を無断で使用し、英理加の細胞を融合させたバラの細胞にG細胞を組み入れてビオランテは誕生した。
白神は永遠に生きるバラを造ったつもりだったが、G細胞の影響によって巨大化。白神研究所に抗核エネルギーバクテリアの資料を盗みに来たアメリカ企業のバイオメジャーを襲い一人を殺害した。
 
その後芦ノ湖に出現。同族に導かれるように現れたゴジラと対戦する。
触手攻撃を仕掛けるが、ゴジラが放った放射熱線によって身体が炎上してしまい、黄金の粒子となって空に消えていった。
(その際に白神は死んでいないことを予言していた)
 
死んでしまったようにみえたビオランテであったが、ゴジラが若狭湾近くで自衛隊と戦闘を始めるとそれに呼応するように再び出現した。
以前の姿とは大きく変わり、巨大なバラから獣のような顔をした形態となった。
 
ゴジラと再戦すると、以前よりも強くなった触手攻撃によってゴジラの手を貫通させ、強酸性放射樹液によって苦戦させる。
更に巨大な口でゴジラの頭を飲み込もうとするが、口内に放射熱線を浴びせられて後頭部まで貫通させられてしまう。
戦いの最中にゴジラに撃ち込まれていた抗核エネルギーバクテリアの効果が表れて、ついにゴジラは昏倒する。
ビオランテは白神に「ありがとう」の言葉を残して黄金の粒子となり、宇宙へと旅立っていった。
 
エンドロールでは宇宙で漂っている巨大なバラの花が確認できる。
 

ゴジラVSスペースゴジラ

 
過去の映像の流用として登場。
スペースゴジラの誕生の原因の一つと考えられる。
 

説明

 
劇中では白神は「北欧神話に出てくる植物の精霊」という説明をしているが実際にはそのような聖霊はいない。
 
植獣形態の操演は32本のピアノ線を使用し、20人がかりで操作された。
 
2回目にゴジラの前に出現したのはゴジラと同化しようとした為とされている。