【ゲゾラとは】~宇宙生物が憑依したイカ怪獣~

ゴジラ部部長です。
 
今回紹介する怪獣は「大イカ怪獣ゲゾラ」です。
 
ゴジラと直接戦ったことはありませんが、ガニメ、カメーバと共に「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」に登場しました。
 
それではゲゾラの紹介をしていきます。

 
 

データ

 
別名 大イカ怪獣
 
身長 30m
 
体重 2万5千トン
 

登場作品

 

ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣

 
地球に飛来したアメーバ状の宇宙生物がカミナリイカ(モンゴウイカ)に取り付いて巨大化した怪獣。
劇中ではセルジオ島の海の怪物として伝承されていた名前とされていた。
触ったもの全てを0度の体温にて凍らせるのが武器となっている。
 
セルジオ島にて釣りをしていた人間を襲い、そのうち一人を捕食してしまう。
さらに島を脱出しようとしたもう一人の人間も捕食した。
 
その後上陸して島民を襲うが松明を嫌ったことから弱点が判明する。
最後はガソリンが撒かれた場所まで誘い出され、炎攻めで致命傷を負って海に逃亡、絶命した。
 
取り付いていた宇宙生物はゲゾラから離れ、カルイシガニに取り付き「ガニメ」が誕生する。
 

ゴジラ FINAL WARS

 
オープニングのナレーションにて歩いている姿が登場する。
 

説明

 
スチール写真とオープニングではガニメ・カメーバと戦っている様子があるが、実際に3匹が同時に登場する場面はない。
(ガニメ・カメーバが登場する前にゲゾラは死んでしまう)
 
着ぐるみは多くの触手がついており、人間が入れる足の部分は分かりにくいように作られている。
 
ゲゾラの名前の由来はイカの「ゲソ」からとられている。