【ゴジラザウルスとは】~「ゴジラVSキングギドラ」に登場した恐竜!ゴジラ誕生の秘密!?~

ゴジラ部部長です。
 
今回紹介する怪獣は「古代恐竜ゴジラザウルス」です。
 
VSシリーズに登場したゴジラの本来の姿とされている恐竜です。
 
それではゴジラザウルスの紹介をしていきます。
 

 

データ

 
別名 古代恐竜
 
身長 12m
 
体重 60トン
 

登場作品

 

ゴジラVSキングギドラ

 
マーシャル諸島のラゴス島に生息していた
日本軍ラゴス島守備隊に発見され、初めは警戒されたが見た目に反して雑食性であり、しばし共存していた。
しかしアメリカ軍がラゴス島に侵攻してくると、縄張りを荒らされたと感じ攻撃し、劣勢であった日本軍を救った。
 
ゴジラ化する前から他の生物に比べ強靭な肉体を持ち、アメリカ軍による銃弾やバズーカ砲による攻撃は通用しなかったが、艦砲射撃には耐えられず倒れた。それでも絶命しておらず、油断して近づいてきアメリカ軍を全滅させ森に帰っていった。
 
生き残った日本軍には死亡したものと思われていたが、のちのビキニ環礁の核実験によって怪獣化し、ゴジラになったとされている。
一度は歴史上からゴジラを抹殺させる為に、未来人によってベーリング海に転送させられ存在を消されたかのように思われていたが、核廃棄物によって結局はゴジラ化してしまった。
 

説明

 
現実の世界にもゴジラが好きな科学者によって命名された「ゴジラサウルス」という恐竜が存在していたが、後にワニの一種であったとされ存在は疑問視されている。
 
「ゴジラVSキングギドラ」の当初の計画ではティラノサウルスがゴジラとなった設定であったが、変更されゴジラザウルスが誕生した。