【カメーバとは】~意外な形でミレニアムシリーズにも登場した亀怪獣~

ゴジラ部部長です。
 
今回紹介する怪獣は「大亀怪獣カメーバ」です。
 
長らく「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」のみの出演となっていましたが、その後ミレニアムシリーズにも登場しました。
 
それではカメーバの紹介をしていきます。
 

 

データ

 
別名 大亀怪獣
 
身長 20m
 
体重 2万8千トン
 

宇宙生物

 
地球に飛来したアメーバ状の生物。他の生物に取り付いて巨大化させることができる。地球侵略を企む。
初めはカミナリイカ(モンゴウイカ)に取り付き「ゲゾラ」として人間を襲う。
 
ゲゾラから分離した後にカルイシガニに取り付き「ガニメ」が誕生する。
同時にマタマタガメに取り付き「カメーバ」が誕生する。
コウモリやイルカが発する超音波を浴びると、精神が破壊されてしまう。
 

登場作品

 

ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣

 
セルジオ島に飛来した宇宙生物がマタマタガメに取り付いて誕生した怪獣。
ガニメと共に主人公たちを追いかけるが、逃げ込んだ先に弱点であるコウモリがいた為に撤退する。
 
その後、コウモリの群れに精神が破壊されて、仲間であるガニメと同士討ちを始める。
最後はガニメと共に火山の噴火口に飲み込まれて死んでしまう。
 

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS

 
劇中では死骸として登場するのみ。巨大な爪の跡がある死骸が九十九里浜に打ち上げられる。
ゴジラに襲われたものとされ、ゴジラの存在を感じさせた。
 
1972年と1987年にも発見された様子。
 

説明

 
「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」共に身長・体重は同じである。
 
炎などが吐ける訳でなく、巨大生物としての描写の方が強い。
 
背中のとげはアンギラスのとげと同じ表現で制作されている。
 
カメーバの首が伸びる仕掛けは、空気の圧力を利用したもので頭が飛び出す度に大きな音がしていた。
 
「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」に登場するカメーバは二代目カメーバと言わることもある。
 
「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」に登場する死骸は当初、リオプレウロドンやアンギラスが予定されていた。