【マンダとは】~ゴジラシリーズにも登場!海底軍艦のライバル~

ゴジラ部部長です。
 
今回紹介する怪獣は「怪竜マンダ」です。
 
「海底軍艦」にて初登場した後、ゴジラシリーズにも登場した巨大な龍の怪獣です。
 
それではマンダの紹介をしていきます。

 

 

データ

 
別名 怪竜 巨竜
 

昭和版マンダ

体長 150m
 
体重 3万トン
 

ゴジラ FINAL WARS版マンダ

 
体長 300m
 
体重 6万トン
 

登場作品

 

海底軍艦

 
ムウ帝国の守護神とされている怪獣。
地上からさらった人間たちを生贄として与えられていた。
 
ムウ帝国に進撃してきた轟天号から防衛する為に轟天号と交戦した。轟天号に巻き付いたが、轟天号が表面に高圧電流を流すと、身体が引き剥がされた。そこに冷線砲を撃たれて氷結し、絶命した。
 

怪獣総進撃

 
地球侵略を狙うキラアク星人に他の地球怪獣と共に操られた。ゴジラ、ラドン、モスラと共に東京を襲い、モノレールの線路を破壊した。ロンドンも襲撃したとされている。
その後キラアク星人の洗脳が解けると、地球怪獣VSキングギドラの戦いに参加した。
 

ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃

 
過去の映像として1カットのみ登場。
 

メカゴジラの逆襲

 
過去の映像として登場。真船博士によって、キングギドラ、ラドンと共に大勢の人たちの命を奪う怪獣として名前が挙げられている。
 

ゴジラ FINAL WARS

 
地球防衛軍の戦艦を3隻撃沈した後に、新・轟天号とノルマンディー沖深度6700m付近の深海で交戦した。
浮上しようとした新・轟天号に巻き付き押しつぶそうとするが、新・轟天号がミサイルで海底火山を噴火させ、そのまま新・轟天号共に突っ込まれると高熱に耐えきれなくなり、引き離れていった。
高熱とマグマによって身体は燃え上がっていたが、なお新・轟天号に襲い掛かる。新・轟天号による冷凍メーサーで氷漬けにされ、艦首鋼鉄ドリルで粉砕されて絶命した。
 

説明

 
「海底軍艦」の当初の企画では大蛇として登場する予定であった。その為に「マンモススネーク→マンモス蛇→マンダ」と名付けられた。
 
「怪獣総進撃」に登場するマンダは2代目マンダと呼ばれる。
 
体長150mという長さは東宝怪獣の中でも最も長い怪獣であり、「ゴジラ FINAL WARS」にて体長300mと設定されると再び東宝怪獣で最長の怪獣となった。