【メカニコングとは】~東宝怪獣映画で初のライバルロボット怪獣~

ゴジラ部部長です。
 
今回紹介する怪獣は「電子怪獣メカニコング」です。
 
「キングコングの逆襲」に登場した悪の科学者に操られるロボット怪獣です。
 
それではメカニコングの紹介をしていきます。
 

 

データ

 
別名 電子怪獣
 
身長 20m
 
体重 1万5000トン
 

登場作品

 

キングコングの逆襲

 
悪の科学者ドクター・フーがネルソン司令官と野村三佐のアイデアをもとに建造したロボット怪獣。
ドクター・フーはメカニコング1号機を使って北極の地下に眠る究極の核兵器素材のエレメントXの採掘を計画するが、採掘途中でエレメントXが発する磁気の為にメカニコング1号機は動作不良となってしまう。
 
続けて建造された2号機は北極の基地から逃走するキングコングを追跡する。
キングコングが東京に上陸するとドクター・フーによってメカニコング2号機が出動する。
 
メカニコングは人質をとって東京タワーへと登りついにキングコングと対決する。
キングコングに足を掴まれると、人質を手放してしまう。
なおもキングコングを東京タワーから引き離そうとするが、東京タワーの先端が折れ、そのまま地面へと落下してしまい大破してしまう。
 

説明

 
元々のアイデアはアニメ作品のキングコングに登場するロボットコングが元となっている。
 
「ゴジラ対メカゴジラ」はプロデューサーの田中友幸氏がメカニコングのようにゴジラのロボットが作れないかというアイデアが出されたことから製作された。
 
VSシリーズの特技監督川北紘一氏はメカニコングがお気に入りの怪獣だったようで、「ゴジラVSモスラ」や「ゴジラVSメカゴジラ」の企画段階で再登場を考えていたが、どちらも没となってしまった。この企画があったためか、その後に別の映画でゴリラ型の怪獣を登場させている。