【サンダとは】~人間に育てられた心優しいフランケンシュタインの怪獣~

ゴジラ部部長です。
 
今回紹介する怪獣は「フランケンシュタインの怪獣サンダ」です。
 
同じくフランケンシュタインの怪獣であるガイラと違い、人間に対して友好的だった怪獣です。
 
それではサンダの紹介をしていきます。

 

 

データ

 
別名 フランケンシュタインの怪獣
 
身長 30m
 
体重 1万5千トン
 

登場作品

 

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ

 
フランケンシュタインの細胞から生まれた怪獣で、子どもの頃は人間に育てられていた。
成長後は日本アルプスに生息していたが、自衛隊のメーサー殺銃光線車の攻撃で致命傷を負ったガイラを救った。
 
ガイラが人間を襲うのをやめさせるよう説得するが拒否された為、ついにフランケンシュタインの怪獣同士での争いとなる。
ガイラにて外海におびき寄せられ戦うが、海底火山の噴火に巻き込まれ、ガイラ共々消息不明となった。
 

説明

 
名前の由来は「山(サン)」からとられている。
 
ギャグマンガではよくガイラとの兄弟仲が悪いことをネタとされていた。
 
当初の予定では白色の怪物とされていた。