【スペースゴジラとは】~VSシリーズ最強の怪獣!?~

ゴジラ部部長です。
 
今回紹介する怪獣は「破壊神スペースゴジラ」です。
 
昭和ゴジラよりも更に協力なっているVSシリーズゴジラ単体では倒すことができなかった凶悪な怪獣です。
 
それではスペースゴジラの紹介をしていきます。
 

 

データ

 
別名 破壊神 宇宙凶悪戦闘獣 戦闘生命
 
身長 120m~250m
 
体重 8万トン~72万トン
 
 

登場作品

 

ゴジラVSスペースゴジラ

 
「ゴジラVSビオランテ」で最後に空へと飛び立っていったゴジラ細胞、もしくは「ゴジラVSモスラ」にて宇宙に飛び去っていったモスラに付着したゴジラ細胞が結晶生物と融合、惑星のエネルギーを吸収して誕生したとされる怪獣。
 
ホワイトホールから出現すると、同じ細胞を持つゴジラを倒す為に地球に向かい、NASAの宇宙ステーションを破壊。MOGERAが出撃するが、圧倒的な力でねじ伏せついに地球に飛来し、ゴジラが住んでいたバース島に到着した。
同じ種族であるリトルゴジラが仲間だと勘違いし、近寄ってくるとこれに対し攻撃しリトルゴジラの危機に気づいたゴジラと対戦した。
ゴジラとの戦いでも圧倒した力を見せつけた上にリトルゴジラを虜とする作戦でゴジラを倒し、リトルゴジラを結晶体に閉じ込めバース島から去っていった。
 
自身のエネルギーを求め、日本に上陸し札幌、山形、神戸などを破壊しながら通過した後に福岡タワーを求めて福岡に飛来し、バトルフィールドを展開した。
リトルゴジラを救うためにやってきたゴジラとMOGERAと福岡にて対戦し、2対1の状況にも関わらず苦戦させた。
しかし、エネルギーを集めていた福岡タワーを破壊されると、構築していたフィールドが無効化されてしまう。MOGERAによる追撃で両肩の結晶体を破壊されるが、それでもなお反撃し、MOGERAの胴体をテールスマッシャーで貫通させてしまった。最後まで力を見せつけたが、ゴジラと人類の力によりついには倒れてしまい、立ち上がったところをゴジラのバーンスパイラル熱線を受け爆発し、細胞は再び宇宙へと飛び立っていった。
 

説明

 
「ゴジラVSスペースゴジラ」の企画当初は「ゴジラVSキングギドラ」に登場したようなキングギドラではなく、純粋な宇宙怪獣としてのキングギドラが登場する予定だった。その為にキングギドラの引力光線を思わせるかのような設定がされている。
 
デザインのモチーフはスーパーファミコンにて登場したゴジラの進化系である「超ゴジラ」である。
 
VSシリーズにおいては唯一ゴジラが1対1で敵わなかった相手であり、今なお最強怪獣としての呼び声が高い。