【チタノザウルスとは】~メカゴジラ以上にゴジラを苦しめた強敵~

ゴジラ部部長です。
 
今回紹介する怪獣は「恐竜怪獣チタノザウルス」です。
 
ただの恐竜でありながら、メカゴジラⅡと共にゴジラと戦いメカゴジラⅡ以上に活躍した怪獣です。
 
それではチタノザウルスの紹介をしていきます。

 
 
 

 

データ

 
別名 恐竜怪獣 恐龍怪獣
 
身長 60m
 
体重 3万トン
 

登場作品

 

メカゴジラの逆襲

 
水陸両性の恐竜の生き残り。真船信三博士によって発見されるが、学界では認められなかった。
学会を追い出された真船博士が人間への復讐の為にアンテナ状の受信機を付けられ操られた。
メカゴジラの残骸の調査にやってきた潜水艦を沈め、横須賀に上陸しゴジラと戦いとなったが、操縦者が死亡し撤退した。
 
翌日、横須賀にてメカゴジラと共に再びゴジラと戦う。尻尾から送られる強風攻撃でゴジラを苦しめた。メカゴジラⅡに加勢もあり、ゴジラに対して優勢に戦いを進め、ついにはゴジラを生き埋めにする。
 
その後メカゴジラⅡがゴジラに敗北すると3度ゴジラと対戦。弱点である超音波の原因で今度は全くゴジラに敵わずに、殴られた後に放射熱線を浴び海で爆発し消息不明となった。
 

ゴジラ FINAL WARS

 
過去に出現した怪獣として冒頭のダイジェストに出演。
 

説明

 
「メカゴジラの逆襲」のタイトルでありながら、メカゴジラよりも活躍の場が多く、超音波の影響がなければゴジラに対しても力を見せつけた。
 
初期の構想ではタイタンⅠ、タイタンⅡという2匹の恐竜の予定であった。
 
ゴジラをはじめ、モスラやラドンが存在している世界なのに何故か学会からの存在を否定された経緯がある。