【ネタバレ無し】ゴジラ キング・オブ・モンスターズ感想!これから鑑賞する方必見!!

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきました!

実写ゴジラとしては「シン・ゴジラ」以来3年ぶりとなる作品です。

今回は「ネタバレ無し」の感想記事となります。

 

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の感想や評価について触れていきます。
何の情報も入れずに観たいと思っている方はご注意下さい!!

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』作品情報

日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に属する人々が奮闘する姿を描く。「X-MEN:アポカリプス」「スーパーマン リターンズ」などで原案や脚本を担当してきたマイケル・ドハティが、脚本を手がけたほか自らメガホンもとった。前作から引き続き、芹沢猪四郎博士役を演じた渡辺謙が出演するほか、カイル・チャンドラー、ベラ・ファーミガ、サリー・ホーキンス、チャン・ツィイー、大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」のミリー・ボビー・ブラウンらが共演。

スタッフ

監督
マイケル・ドハティ

製作
メアリー・ペアレント
アレックス・ガルシア
トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ

キャスト
カイル・チャンドラー
ベラ・ファーミガ
ミリー・ボビー・ブラウン
ブラッドリー・ウィットフォード
サリー・ホーキンス

作品データ
原題 Godzilla: King of the Monsters
製作年 2019年
製作国 アメリカ
配給 東宝
上映時間 132分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D

映画.comより

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』感想

まずは観た直後のTwitterです。

観終わると全身に疲労感が半端ない作品でした。

話のテンポが早くて必死についていく感じでした。

怪獣たちの場面も最高&最高でした!

まず、ゴジラが怖いんですよ!

ゴジラがある場所で人間達に全身をみせる場面があるのですが、とにかく怖い!

人間なんて目じゃないと思わせる怖さがありました。

その他の怪獣たちの暴れっぷりも楽しめました。

キングギドラ良かったなぁ…。
モスラとラドンにもちゃんと見せ場がありました。

ただ一言言いたいのは
「ラドンよ、お前はどの面下げて3大怪獣と呼ばれているのか!?」と…

少しラドンには説教してやりたい気分になりました。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』をより楽しむための工夫

これから『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を鑑賞する予定の方に向けて、どのように観るとより楽しめるかを教えていきます。

まず、席をどうするかですが、画面からの音をより大きく聞く為に席は前の方が良いと思います。
(首は疲れますが…)

2Dか3Dで迷うかもしれませんが、IMAX3Dで観ると作品の世界に入ったかのような感動を受けますよ!!
IMAX3Dがおすすめです。

とにかく大迫力の今作です。是非大画面・大音量で楽しんで下さい!!

その他に、作品内以外にも楽しみがありました!

エンドロールのキャストをよく注目してみて下さい。
怪獣は誰が演じたのかも流れてきますが、このキャストの書き方が味がありますので、是非とも劇場でご確認下さい!

それからもう1つ!「エンドロール後に席を立たないこと」最近よくある流れとしてエンドロール後にも映像が流れることがありますが、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』にもエンドロール後にもお楽しみがあります!

エンドロールが始まったからといって席から離れないでおきましょう。

と、言うかエンドロールの曲も最高なんで、じっくり聴いていればあっという間にエンドロールが終わってしまいます。

事前に観ておくと良い作品

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観る前に予習しておくと良い作品はなんでしょうか?

以前にも似たような記事を書きましたが、鑑賞後に感じたのは

「これまでのゴジラ作品どれ観ても更に楽しめそうだな」と、言うことです。

とにかく過去のゴジラ作品に登場したものが沢山登場するので、1本でも多くのゴジラ作品を観てから鑑賞するのがおすすめです。

逆に『GODZILLA ゴジラ』(2014)や『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)を観ていなくても十分楽しめる作品です。

自分のペースで予習してから『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を鑑賞すると良いです!!

特に関わりがありそうな作品は以下の通りです。

ゴジラ(1954)

言わずと知れた第一作のゴジラです。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に登場する「芹沢猪四郎」はこの作品に登場する「芹沢大助」と監督である「本多猪四郎」の名前から付けられています。

三大怪獣 地球最大の決戦

ゴジラ・モスラ・ラドン・キングギドラが登場する作品です。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』にもその4体が登場するので、この作品の影響力は大きいです。

怪獣総進撃

ゴジラを始めとする様々な怪獣がキラアク星人という宇宙人に操られて、世界中を破壊するという場面がある作品です。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』でも世界各地で怪獣たちが暴れまわります。

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン

「ゴジラ・アンギラス」のコンビが「ガイガン・キングギドラ」の宇宙怪獣を迎え撃つ内容となっています。

こちらはある特殊なコミュニケーション方法が『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に似ていました。

どのようなコミュニケーションなのかは今作を観て確認してみて下さい。

ゴジラ(1984)

正義の怪獣として活躍していたゴジラから9年…。

新たに制作されたゴジラ映画です。

今作も中々に怖いゴジラとなっていますので、必見の作品です。

ゴジラVSキングギドラ

ゴジラとキングギドラの戦いを描く作品です。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』との共通点はとても多いです。

ゴジラザウルスというゴジラの元となった恐竜も登場する作品となっています。

ゴジラVSメカゴジラ

ゴジラを倒す為に人類がメカゴジラを作り出して、ゴジラに挑む内容です。

終盤のある展開が『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に影響を与えています。

しかもそのある展開が『ゴジラVSメカゴジラ』と『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』では微妙に違うという…。

そんな違いも楽しめる作品です。

ゴジラVSデストロイア

VSシリーズゴジラの最後の作品となっています。

この作品では「ゴジラの死」が描かれており、初代ゴジラとの繋がりがとても強いです。

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦

この作品に登場するメガギラスはある方法を使って「ゴジラ」の力を吸収しようとします。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』でも同じような場面がありますので、是非チェックしてみて下さい。

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃

こちらの作品でも「ゴジラ」「モスラ」「キングギドラ」が登場します。

登場する怪獣はほとんど同じでも「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」では「ゴジラ」VS「モスラ・キングギドラ」となっています。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ではどの怪獣が戦うのか…。どの怪獣が味方になるのか…。

そういった違いを比べるのも楽しい作品です。

ゴジラ FINAL WARS

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』との共通点が多い作品なのです。

しかし、その共通点についてお話するとネタバレとなってしまいます。

まずはご自身の目で是非確認してもらいたい作品です。

シン・ゴジラ

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』以前で実写版ゴジラ最後の作品です。

「シン・ゴジラ」のゴジラは完全に人類の敵として登場しましたが、ゴジラの破壊描写で『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』と似ているところがあります。

大人気の作品ですので、機会があれば是非ご覧ください。

GODZILLA ゴジラ(2014)

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』と直接繋がりのある作品です。

登場人物や登場怪獣も引き継がれていますので、可能だったら予習しておきたい一本ですね。

キングコング:髑髏島の巨神

2020年に公開予定の「Godzilla vs Kong」(原題)に登場する「キングコング」の話です。

ストーリーとしては『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』と直接関係ないのですが、ラストにある展開が…。

ハリウッドが制作する「モンスターバース」シリーズの2作目でもあります。

是非確認してみましょう!

かなり多くの作品となってしまいますが、それぞれ小ネタが含まれてます。

時間に余裕がある方は是非予習してから鑑賞してみて下さい!!

まとめ

今回は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の感想記事でした。

マイケル・ドハティ監督に土下座しながら感謝を伝えたいくらい楽しめました。

まだ鑑賞されていない方は予習をできるだけして是非観て下さい!!