【ゴジラ キング・オブ・モンスターズ】新作ゴジラ映画のCMをまとめてみた(感想&考察)

2019年5月31日より公開される【ゴジラ キング・オブ・モンスターズ】のCMをまとめてみました。

初めてCMを観た時の感想とCMから考えられる考察も少し含まれています。

海外版予告

・Official Trailer 1

2018年7月に公開されたCMです。
ゴジラ・モスラ・ラドン・キングギドラの姿は確認できますが、まだ戦闘している場面は登場していません。

部長
ナマ(?)のキングギドラが観れただけで当時は興奮しまくりでしたよ!!

・Official Trailer 2

第2弾となるCMです。2018年末に公開されました。

少女がどこかから助けを求めているような場面から始まり、

「So you’d make Gozdilla our pet?」(ゴジラを私たちのペットにするのですか?)と言うお偉いさん達に向かって、
「No. We would be his.」(私たちが彼のものなのだ)と言う渡辺謙。

いいですねぇ!!英語力ゼロでも何となく理解できた点もグッド!

そして最後にはゴジラとキングギドラが対峙してお互いに向かって走って行くではないですか!
何なんですか!?

ゴジラファンを熱狂死にさせたいのですか?

部長
そんなこんなで冷静に観れない状態でしたが、よくよく観察してみるとメイン4体以外の怪獣も出ていることが分かります。

  

これは…クモンガ?

この地面から現れる怪獣も不明ですね。地底怪獣ならバラゴンもありですね。

ちなみにyoutube上には同じように狂喜乱舞するファンの様子をまとめた動画もあります。

・【ゴジラ キング・オブ・モンスターズ】の予告を観たリアクション動画

何かね…。涙が止まらなかったですよ。世界中のゴジラファンが同じように興奮しているなんて…。

部長
何も言えねぇ…。

・Final Trailer

2019年4月に公開された最新版で最後とされているCMです。

いよいよ4体以外の怪獣がハッキリと姿を現してきましたね。

やはりあの足は虫怪獣なのか?

明らかに人間側が好意を持っているような怪獣もいますが…。ミニラやゴジラジュニアのようなゴジラと同じ種類の子ゴジラが登場することもありそうかも…。

あと「MY GOD…」「GODZILLA」を繋げている編集も鳥肌が立ちました!

部長
誰だよ?こんな最高な事考えるヤツは!?もう君がキングだよ!!

おそらく最後のCMとなりますので、これ以上は公開までのお楽しみですね。

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(日本版)

・予告1

2018年10月公開のCMです。字幕がついて分かりやすくなりましたね。

部長
「世界の終焉がはじまる」というキャッチコピーも良いですね。

・予告2

日本版第2弾のCMです。
渡辺謙とお偉いさんとのやり取りもようやく内容が理解できました。

 

どこか嬉しそうに「我々がペットになるのだ」とおっしゃる渡辺謙氏

「王(キング)が目醒める」という言葉は何か日本語的にちょっと…とは思ってしまいました。

部長
このキャッチコピーもカッコいいんですけどね。

・予告3

最近の映画館でよく観たCMです。
いよいよ公開が近い感じがしてきますね!!

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』TVスポット

・バトル篇

・ドラマ編

・怪獣編

・キング編

TVスポットでは4つのパターンが放送されているようです。

ドラマ編では吹替&日本版主題歌「ALEXANDROS」の「Pray」で編集されている為に全然別映画みたいに感じます。

部長
吹替キャストも含めて日本版主題歌に否定的な意見も聞きますが、これはこれでアリっちゃアリかも…。

まとめ

今回は【ゴジラ キング・オブ・モンスターズ】のCMのまとめと、その感想&考察について紹介しました。

公開までに予告編を観て気分を上げておきましょう!