【ネタバレ有り】『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』感想!!今後のモンスターバース大予想!

2019年5月31日より公開の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が絶好調のようです!

今回は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のネタバレ有りの感想記事です。

ネタバレ無しの感想記事が読みたい方はこちらからどうぞ。

【ネタバレ無し】ゴジラ キング・オブ・モンスターズ感想!これから鑑賞する方必見!!

2019年5月31日

 

 

 

 

 

※これより下の記事には『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のネタバレが含まれていますのでご注意下さい!!

 

 

 

 

 

 

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』作品情報

日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に属する人々が奮闘する姿を描く。「X-MEN:アポカリプス」「スーパーマン リターンズ」などで原案や脚本を担当してきたマイケル・ドハティが、脚本を手がけたほか自らメガホンもとった。前作から引き続き、芹沢猪四郎博士役を演じた渡辺謙が出演するほか、カイル・チャンドラー、ベラ・ファーミガ、サリー・ホーキンス、チャン・ツィイー、大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」のミリー・ボビー・ブラウンらが共演。

スタッフ

監督
マイケル・ドハティ

製作
メアリー・ペアレント
アレックス・ガルシア
トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ

キャスト
カイル・チャンドラー
ベラ・ファーミガ
ミリー・ボビー・ブラウン
ブラッドリー・ウィットフォード
サリー・ホーキンス

作品データ
原題 Godzilla: King of the Monsters
製作年 2019年
製作国 アメリカ
配給 東宝
上映時間 132分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D

映画.comより

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ネタバレ有り感想

オープニング

オープニングはゴジラの足音と鳴き声から始まります。
迫ってくる感じがして緊迫しました。

この流れは『シン・ゴジラ』のように第一作である『ゴジラ』を意識した作りを思い出しました。

冒頭のモスラ登場

開始10分もかからないうちにモスラ幼虫が登場しました。

初見の感想は「気持ち悪!」と思っていましたが、よくよく見ると可愛く思えました。
さすが女性人気のモスラです。

人間たちに糸の攻撃をするのもしびれましたね。
何よりも画面全体の「色」の使い方が素晴らしかったです。

モスラが攻撃的な時は赤が強調された色合いとなり、モスラが友好的な場面では青が強調されていました。
まるで「風の谷のナウシカ」の王蟲のようでした!

まさかそこまで計算してた…?

そして重要な人物の一人である「エマ・ラッセル」が開発した「オルカ」という道具を使うことによって「怪獣たちと会話することに成功」します。

この「オルカ」『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』に登場したMハンター星雲人が使用するテープ、「アクション1」「アクション2」のオマージュだと思います。

『 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』でもテープを再生させると怪獣たちが反応しました。

議会でのモナークの立場

議会ではモナークがお偉いさんたちに「怪獣たちへの対処の仕方」について責められていました。

予告でも登場した「ゴジラをペットにするの?」「いや…。我々がゴジラのペットなのだ」という会話も登場していました。

芹沢博士はゴジラに対して絶対的な信頼をもっているようですね。

その後、荒れる議会の途中で「ムートー」の生殖シーンの映像が流れていましたが、その映像にモザイクがかかっていたのは笑いました。

対して卑猥じゃない…(笑)

海底基地でのゴジラ出現について

その後モナークの海底基地にていよいよゴジラと対面となります。
この場面は正直『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の中で1,2位を争うくらい大好きな場面です。

ゴジラがめっちゃ怖いんですよ!!ホラー映画ばりに驚かせるのにモンスター映画のように「人間を襲う」のではなく「人間なんか眼中にない」感じで驚かされるのが最高でした!

ゴジラが泳いでいる場面をビジュアル的に納得させるのも素晴らしかったです。

ちなみに『ゴジラVSビオランテ』で初めてゴジラが泳いでいる場面が登場したのですが、その場面に使用されたゴジラと同じフォルムで泳いでいたことに親近感を覚えました。

南極に封印されているキングギドラ

南極ではモナークの面々がついつい押し黙ってしまうほどの恐ろしい怪獣「モンスター・ゼロ」こと「キングギドラ」が復活します。

「モンスター・ゼロ」の呼称は『怪獣大戦争』に登場した「X星人」が「キングギドラ」を「怪物ゼロ(かいぶつぜろ)」と呼んでいたところから付けられたのでしょう。

とにかく一番強いであろうキングギドラが蘇り、ゴジラと死闘を繰り広げます。

ちなみに、ゴジラ・モスラ・ラドン・キングギドラにはそれぞれモナークが担当している基地があるのですが、その基地の番号が「ゴジラ=54」「モスラ=61」「ラドン=56」となっており、それぞれ「ゴジラ(1954年)」「モスラ(1961年)」「ラドン(1956年)」とそれぞれの怪獣が初めて登場した年の番号となっています。

ところが「キングギドラ」だけが初めて登場した1964年の「64」ではなく「32」となっていてゴジラ・モスラ・ラドンの決まりと違っています。

これは『遊星からの物体X』からのオマージュであり、『遊星からの物体X』で全滅してしまう観測基地の番号が「31」である為に、次の番号の「32」としたようです。

「キングギドラ」のあの不気味な再生能力は『遊星からの物体X』に登場した宇宙生命体「The thing」そのものだったのではないでしょうか?

ゴジラとキングギドラ初戦

ゴジラが登場する時についに「ゴジラのテーマ」が流されます。

とても「上がる」場面なのです!それ以上に驚いたのが「キングギドラ」のテーマ曲です。

まさかの「お経」が音楽と共に鳴っています。

「お経」と言うのがポイントで、マイケルドハティ監督は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の中で「宗教」を大きなテーマとして制作しています。

「キングギドラ」の表面として、「十字架」「お経」と言った「宗教にとって表として登場するもの」を合わせて見せています。
つまりは「形としての宗教」を「キングギドラ」に合わせています。

それに比べると「ゴジラのテーマ曲」にはソーラン節のような人間の掛け声が合わせられています。

これは「ゴジラ」という「神」は人間が考える「形としての宗教」より以前の「自然と登場した宗教」を表していると考えられます。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の劇中では「キングギドラは偽の王」と呼ばれていましたが、宗教として考えても「キングギドラは形だけの神であった」と考えることができます。

ただし、「ゴジラ」はそれとは別物でした。

「ゴジラ」は唯一の「神」であり「王」であるのです。

その為に「ゴジラのテーマ曲」にソーラン節のような掛け声が重ねられたのだと考えました。

音楽も素晴らしいのですが、ゴジラとキングギドラの初戦も従来のゴジラファンにとって見ごたえのあるものでした。

特にキングギドラの「首」が飛んだときは『ゴジラVSキングギドラ』を思い出した人は多数いたかと思います。

しかもその「キングギドラの首」が後々の伏線ともなっています。

新兵器登場!

まさかのオキシジェン・デストロイヤーが登場しましたね。

突然の登場で観た方大半が驚いたのではないでしょうか?

オキシジェン・デストロイヤーを登場させたにも大きな意味があると考えています。

それは「ゴジラ」と「キングギドラ」の「生物としての違い」が表現されていることです。

ゴジラ死す(?)

オキシジェン・デストロイヤーによってゴジラの生命反応が途絶えてしまいます。

この時にキングギドラは無事に生き延びている様子でしたが、キングギドラがゴジラよりも強いからという訳ではないと思います。

オキシジェン・デストロイヤーが使われた後に魚たちが死体として浮き上がっているところから考えるにこのオキシジェン・デストロイヤーは初代ゴジラに登場したオキシジェン・デストロイヤーとほぼ同じ仕組みの兵器ではないかと予想します。

初代ゴジラに登場したオキシジェン・デストロイヤーは「水中の酸素を一瞬で破壊し、その場にいるすべての生物を一瞬のうちに死に至らしめる」兵器でした。

要は地球上の生物に効果的な兵器なんですよね。

つまり、地球上の生物であるゴジラには効果的だったが宇宙からやってきたキングギドラには効果がなかったと…。そのように予想しました。

ラドン登場!

 

キングギドラの復活により世界中の怪獣たちが目を覚まします。

モナ島では「ラドン」が復活し、キングギドラに戦いを挑みますが力及ばずにキングギドラの配下となります。

距離が近かったこともありますが、他の怪獣がすぐにキングギドラの命令に従っていたのに比べて、ラドンは一度キングギドラに挑戦しました。

さすがはゴジラ・モスラと共に「東宝3大怪獣」と呼ばれていただけあります。

あわよくば「キング」の座につこうとしていたかもしれません。

ゴジラ復活

世界中で怪獣たちが暴れている中、モナークのメンバーたちはゴジラがまだ生きていることに気づきます。

しかし、ゴジラの力は衰えており、今後何年も眠りについてしまう可能性もあることも予想しました。

そこで力の衰えたゴジラに「核兵器」をぶつけることで再び力を取り戻そうと考えます。

ところが、核兵器を積んだ潜水艦が故障してしまい、ミサイルを撃つことができなくなってしまいます。

全員が頭を抱える中、芹沢博士が「自身を犠牲にして」ゴジラを復活させることを提案します。

海中に眠っているゴジラに向かい、核兵器を背負い一歩ずつ進んでいく芹沢博士。

核兵器が爆発する直前に芹沢博士は「さらばだ…。友よ」とゴジラに語りかけます。

1954年の初代ゴジラは同じ名前の「芹沢博士」に殺されてしまいました。

65年たった今、今度は別の「芹沢博士」「核兵器」を使い「ゴジラ」を復活させます。

これには大きな意味があると考えています。

それは「人類」から「ゴジラ」に対する「贖罪」だったのだと思います。

初代ゴジラでは人間の都合によりゴジラは殺されてしまった。

今度は人類が持っている最大の武器「核兵器」を「神であるゴジラ」に捧げることによって罪を償うという意味です。

そしてその「罪」に対する「罰」「芹沢博士」一人が背負ったのです。

ここまで読んでお分かりいただける方もいるかと思いますが、「芹沢博士」が行ったことは「イエス・キリスト」の行動と重ね合わせることができます。

「芹沢博士」が「人類の代表」として「罪を償い」その結果「神であるゴジラ」が復活したのです。

マイケル・ドハティ監督はインタビューで「ゴジラとは何か?」の質問に対して「神」と答えいます。

「ゴジラ」を「神」として成り立たせるためにこのような場面を作り出したのだと考えました。

「芹沢博士」の犠牲によってついにゴジラが復活します。

この時の場面はゴジラのテーマと合わさって、最高にカッコいい場面でした。

怪獣王ゴジラ誕生

蘇ったゴジラ・モスラチームキングギドラ・ラドンチームが戦い始めます。

モスラとラドンの空中対決も見ごたえあるものでしたね。

キングギドラはゴジラを持ち上げて空高くより叩き落とします。

この場面を観た時に「まさか…ゴジラ飛ぶ?」と思っていましたが、さすがにその場面はありませんでした。

ゴジラは再びダメージを受けますが、瀕死のモスラからエネルギーをもらうことで「バーニングゴジラ」のような身体となります。

この展開は『ゴジラVSメカゴジラ』から考えられた案ですね!

『ゴジラVSメカゴジラ』では「ラドンがゴジラにエネルギーを与える」展開でしたが、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』では「モスラがゴジラにエネルギーを与える」展開になっていました。

キングギドラの配下になることといい、ラドンの立場が…。

とにかく、モスラからエネルギーを与えられたゴジラにはキングギドラも全く歯が立たずに身体を消滅させられ、ゴジラが怪獣王となります。

モスラとの戦いで重傷をおっていたラドンを始め、各国で暴れていた怪獣たちもゴジラにひれ伏して「怪獣王」完全復活となります。

昭和シリーズのゴジラも「怪獣王」と呼ばれていましたが、ここまでビジュアルでハッキリと「キング」としてのゴジラを観たのが素晴らしかったです!

話の筋としては地球の侵略をとめるべく、怪獣王ゴジラが宇宙怪獣に挑むということで、『ゴジラ FINAL WARS』を思い出させる内容となっていました。

欲を言えばキングギドラ以外の怪獣をバッタバッタ倒すゴジラが観てみたい気もしましたが…。

エンドロール

エンドロールにも素晴らしい音楽が使用されていましたね!!

ゴジラが「キング」として復活したことによって自然のバランスがとれてくることが伝えれます。

ここで気になるキーワードが「謎の卵」「コングの元に向かう巨大生物」「ゴジラとコングの戦いを描いた壁画」です。

「謎の卵」はおそらくですが「ミニラ」や「ベビーゴジラ」のような「ゴジラと同種の卵」ではないでしょうか。

今後モンスターバースの世界が広がっていくことを考えると「ゴジラの子ども」が登場するのもありえそうです。

「コングの元に向かう巨大生物」はキングコングに挑む怪獣かもしくはキングコングと共にゴジラと戦う怪獣でしょうか。

2020年に公開予定の『Godzilla vs. Kong』でこれらの謎が明らかになりそうです。

エンドロール後

エンドロール後の映像にエコテロリストの「アラン・ジョナ」が「キングギドラの首」を手に入れるところが登場しました。

「アラン・ジョナ」が今後「キングギドラの首」をどうするのか…。

予想としては

①キングギドラを元にした「メカキングギドラ」を制作してゴジラを倒そうとする

②同じくキングギドラを元にし「メカゴジラ」を制作してゴジラを倒そうとする

この二つの可能性が高いと思います。

次作である『Godzilla vs. Kong』に登場するのか更に別の作品が控えているのか…。

何にせよ、今後のモンスターバースから益々目が離せなくなりそうですね!

『Godzilla vs. Kong』の大予想!!

2020年公開の『Godzilla vs. Kong』ではどのような戦いが繰り広げられるでしょうか?

正直『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』でここまでパワーアップしたゴジラにキングコングはどのように挑んでいくのか…。

予想①ゴジラとキングコングは共闘して別の怪獣と戦う

ゴジラとキングコングが直接戦うのではなくて別の怪獣、キングギドラやメカゴジラなどと戦う映画になるという予想です。

話としては面白そうですが少し「タイトルに偽りあり」となってしまいそうですね…。

ただ、ゴジラとキングコングが共闘する話は是非見てみたいです!

予想②コングがメカニコングとして登場する

パワーアップしてしまったゴジラに対抗すべく人類(もしくは宇宙人など)の力を借りてサイボーグ化されたキングコングが登場するという予想です。

強くなりすぎてしまったゴジラに対してサイボーグ化したキングコングが戦うお話というのも中々面白そうです。

予想③成長したキングコングがゴジラに挑む

ベーシックな予想ですが、1970年代から時間が経過したキングコングが大きく成長している可能性は高いです。

より巨大になったキングコングとゴジラの対戦は是非観たいですね!

まとめ

今回は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のネタバレ有りの感想記事でした。

今後ますます怪獣映画が多数登場してくると思われます。

これからもゴジラファンにとっては期待が止まれない日々となってきそうです!!