何故ゴジラの顔は毎回違うのか

ゴジラ部部長です。
 
多数のゴジラシリーズがありますが、実は毎回のようにゴジラの顔が違っているのは知っていますか?
 
全く違う個体の場合もあるので、そちらは納得できるのですが中には「同じ個体なのに顔が違う」ということもあります。
 
同じ個体であるのに何故顔が変わってしまうのでしょうか?
 
今回は何故ゴジラの顔は毎回違うのかということについてお話していきます。
 

 

同じ個体とされているゴジラ

 
まずは同じ個体とされるゴジラについて紹介します。
 
まずは2代目ゴジラです。
 
昭和シリーズに登場したゴジラで、「ゴジラの逆襲」~「メカゴジラの逆襲」までに登場しています。
 
※「ゴジラ対メガロ」「ゴジラ対メカゴジラ」「メカゴジラの逆襲」に登場したゴジラはミニラが成長した姿とも言われています。
 
初めは人類の敵でしたが、やがて人類の味方へとなっていったゴジラです。
全部で14作品に登場しています。
 
 
 
 
 
次に3代目・4代目(新3代目)ゴジラです。
 
 
 
VSシリーズに登場したゴジラで全部で7作品に登場しています。
「ゴジラVSキングギドラ」にて一旦歴史上から抹殺されましたが、別の場所で更に巨大化して復活しました。呼称として「3代目」「4代目」と分けられていますが、個体としては同じものです。
 
 
 
 
 
 
3つ目に同じ個体とされているのは「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」に登場したゴジラです。こちらは初代ゴジラと同じ個体とされています。
 
 
 
 
 
 
 
最後に「ゴジラ×メカゴジラ」「ゴジラ モスラ メカゴジラ 東京SOS」のゴジラも同じ個体です。
 
 
以上4体のゴジラが「同じ個体」として登場したゴジラです。
 
それではそれぞれのゴジラがどのように顔つきが違うか見ていきましょう。
 

同じ個体なのにこんなに違う顔立ち

 
まずは昭和シリーズのゴジラです。
 
「ゴジラの逆襲」
 
 
 
 
 
「キングコング対ゴジラ」
 
 
 
 
「モスラ対ゴジラ」
 
 
 
 
 
「ゴジラ対ヘドラ」
 
 
 
 
 
 
「ゴジラ対メカゴジラ」
 
 
顔つきが全く違っていることが分かります。
 
 
 
 
次にVSシリーズのゴジラです。
 
「ゴジラ」(1984)
 
 
 
 
 
 
「ゴジラVSビオランテ」
 
 
 
 
 
 
「ゴジラVSキングギドラ」
 
 
 
 
 
「ゴジラVSスペースゴジラ」
 
 
こちらも同じで個体とされているのに少しずつ顔が変化しているのが分かります。
 
ミレニアムシリーズのゴジラはどうでしょうか。
 
「ゴジラ」(1954)
 
 
 
 
 
 
「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」
 
全く違いますね。何故ここまで違うのか…。
それでは何故ゴジラの顔つきがこんなに違うのかについて考察していきます。
 
※ちなみに「ゴジラ×メカゴジラ」「ゴジラ モスラ メカゴジラ 東京SOS」に登場したゴジラはほとんど同じ顔つきであることが分かります。
こちらは制作年が近かったことも影響していると考えられます。
 

ゴジラの顔が毎回違う理由の考察

 
まずは3つの仮説を立ててみました。
 

仮説①実は同じ個体ではなかった

 
同じ個体でなく別のゴジラが現れているのでないかという仮説です。
この仮説だったら毎回顔つきが違うことも納得できます。
 
しかし、昭和シリーズでも2代目以降のゴジラは一匹であるような言い方がされています。
VSシリーズになると前作からの繋がりが毎回あるので、確実に同じ個体であることが考えられます。
 
このように考えるとやはり別の個体である可能性は極めて低いように思います。
 
ただし、「ゴジラ対メガロ」「ゴジラ対メカゴジラ」「メカゴジラの逆襲」に登場したゴジラがミニラの成長した姿という説もあるので、昭和シリーズに関しては何匹かのゴジラがいたという可能性も否定できません。
 

仮説②過酷な環境の為顔が変化してしまった

 
ゴジラは普通の生物では考えられないような場所に生息していることがあります。
例えば「ゴジラの逆襲」のラストでは氷漬けにされていました。
「ゴジラ」(1984)では三原山の噴火口に落ちていき、その後数年間三原山の中で生存していました。
 
それだけ過酷な環境にいたら顔つきが変わってしまうのも仕方がないのかもしれません。
VSシリーズでは未来人によって巨大化してしまった「ゴジラVSキングギドラ」以降は顔つきは大きく変わることもないので、仮説としては面白いですね。
 
昭和シリーズでは人類の味方になってからの顔つきの変更も少ないので、この仮説はかなり良い線にいっているのではないでしょうか。
 

仮説③顔つきが違うように見えるのは作品を観ている人間だけで作中の人間には同じ顔に見えている

 
作品毎にこれだけ顔つきが変わっているのに作中の登場人物でそのことに触れていることはほとんどありません。
もしかしたら、作品を観ている僕たちは違う顔つきに見えていても、作中の人間には同じ顔つきのゴジラとして認識しているかもしれません。
 
あれだけ顔つきが違っていたら普通は誰か一人くらい「別のゴジラか?」と考えてもおかしくないですよね。
 

まとめ

 
このようにゴジラの顔つきの違いについて仮説を立ててみました。
仮説①の同じ個体であるということは可能性として低いですが、仮説②・仮説③は可能性として否定できないと思います。
 
ちなみに「三大怪獣 地球最大の決戦」以降では円谷英二氏の考えで「できるだけ顔つきを変えないように制作する」というスタンスで作られていたそうです。
製作者でも毎回顔が違ってくるのは変だと思っていたようですね。